キャンピング&カスタマイズカーメニュー
パーツオンラインショップメニュー
ハイエース・レジアスエース
アルファード・ヴェルファイア
ノア・ヴォクシー
その他汎用パーツ
おすすめ商品はこちら
新着情報の一覧へ
トップページへ
最新情報配信ブログへ
お問い合せフォームへ
ショッピングカートを確認する
ご利用ガイドへ

営業日カレンダー

ブログ

高機能カーフィルム

すっかりブログを放置してしまい、久しぶりに更新させて頂きます。
皆様は有意義な3連休を過ごせましたでしょうか?3連休最終日は全国各地で今年初の猛暑日となり、熱中症で病院に搬送された方が沢山いたようです、本日も「高温注意情報」が各地で出されていますので、こまめな水分補給等、熱中症対策をしっかり行って注意して下さい。

カーフィルムさて、そんな猛暑日でも車内を快適な空間にする為の高機能カーフィルムをご紹介いたします。
現在ハイエースをご注文頂いてますお客様より赤外線についてのご質問を頂いたのでサンプルを取り寄せてその特性の差を確認してみました。

通常はスモークフィルムを施行する際には、可視光線透過率(色の濃さ)をご指定頂いてますが、その際に紫外線を気にされてカット率のご質問を頂く事が有ります、当社で採用していますフィルムは紫外線カット率99%でUPF50+相当の紫外線防止指数です、近頃では紫外線カットは当たり前と言ったところでしょうか。(画像左上のサンプル帳)
それ以前に最近の車は元々UVカットガラスが入っていますので、フィルム張り有り無しにかかわらず紫外線はカットされていますのでそれほど気にされる方も少ないです。

今回ご紹介したいのは赤外線カットの機能についてですが、前述のフィルムの赤外線カット率は18%ですが、高機能カーフィルムは赤外線カット率71%で、通常のフィルムより赤外線が放つ熱作用を和らげる効果を発揮します。(画像下側のサンプル帳)
通常のカーフィルムと比べて高価なフィルムになりますが、フィルム選びの基準を色の濃さだけではなく、目に見えない波長の赤外線透過率もフィルムの選択基準にして検討するとより快適な車内空間を生み出すことが可能です。
これから夏本番を迎える前に対策してみては如何ですか、興味が御座いましたらメール又は電話でご連絡下さい。