キャンピング&カスタマイズカーメニュー
パーツオンラインショップメニュー
ハイエース・レジアスエース
アルファード・ヴェルファイア
ノア・ヴォクシー
その他汎用パーツ
おすすめ商品はこちら
新着情報の一覧へ
トップページへ
最新情報配信ブログへ
お問い合せフォームへ
ショッピングカートを確認する
ご利用ガイドへ

営業日カレンダー

ブログ

コースター窓埋め


12月に入り今年も残すところ1ヶ月を切りました。

今年はハイエースのマイナーチェンジがつい先日あったばかりなので

例年なら工場内は年内納車の車ハイエースでいっぱいになりますが、今年はⅢ型の入庫も控えめで

コースターやトラック関係の入庫が目立っています。

20131202.jpg


そこで今日は、先日から作業を行っているコースターの窓埋め作業について少しご紹介してみようとおもいます。

トヨタテックス大阪ではコースターの窓埋めをする場合に2通りの方法で行います。

1つ目は超ショートにする際に既存のアルミサッシ枠を利用して硝子の代わりに窓を入れる方法です。

20131202(3).jpg

この方法だとパッと見は窓埋めしているより濃色のフィルムを貼っているイメージに仕上がります。



2つ目の方法は、アルミサッシ及び硝子も残したまま、上から4方曲げ加工をしたアルミパネルを被せて貼り付ける方法で、施工中はこんな感じです。

今回はいったん窓埋めをしてアクリル2重窓を取付するので、ガラスは外して骨組みを製作してからの貼り付けとなります。

20131202 (2).jpg 20131202 (1).jpg

硝子専用のシールで貼り付けた後は専用治具で押さえて一晩硬化を待ち、翌日反対側の施工を行います。

窓埋めってどうやってるるんですか?とご質問をいただく事がたまにありますが、

少しは参考になりましたでしょうか?

このように、トヨタテックス大阪の工場では色々な作業を行っていますのでお近くにお越しの際は
是非お立ち寄りください。

珍しいクルマをご覧いただくこともできるかもしれません...



vox rg.jpg