キャンピング&カスタマイズカーメニュー
パーツオンラインショップメニュー
ハイエース・レジアスエース
アルファード・ヴェルファイア
ノア・ヴォクシー
その他汎用パーツ
おすすめ商品はこちら
新着情報の一覧へ
トップページへ
最新情報配信ブログへ
お問い合せフォームへ
ショッピングカートを確認する
ご利用ガイドへ

営業日カレンダー

ブログ

脱着式テーブルに付いて

センターポール式テーブル 片掛テーブル

キャンピングカーに使用されている脱着式テーブルの大半がセンターポール式又は片側引っかけ式の折り畳み脚のどちらかが採用されています。

車内のレイアウトや壁面の状態によって使い分けされますが、トヨタテックス大阪のキャンピングカーは基本的に片側引っかけ式の折り畳み脚を採用しています。

コースターの様な壁面が窓ガラスでサポートパイプ(引っかける相手側)が取り付けできない場合にはセンターポール式を採用します。
また、キャンピングカー以外でも、最近多いハイエースワゴンのニの字シート(横向き対面シート)このパターンの場合は車内中央にテーブルが付くのでやはりセンターポール式になります。

ただ...このセンターポール式テーブルはスクリュータイプのテーブルポール(床に有る大きめのナットにポールをネジ込んで固定すると言った方法)を採用していましたが、よく「天板が取れない」「ポールが固くて回らない」などのご不満の声を聞くことが有ります。
無理な使用や過度な締め付けをしなければ特に問題はないのですが、「テーブルに寄りかかって立ち上がる」「天板ごと回してナットがボケた」などの原因で固く締め付けられたり、心理的に少しでも安定させたいのでポールの締め付けをきつくしたり、天板を力強く押し込んで安定させたくなる気持ちもよく分かります。
そこで以前から他のポールを探しており、やっと見つかりました。

アルミ製テーブルセンターポールアルミ製テーブルポールです。
脱着する方法は従来のポールとほとんど同じですが、スクリュータイプと大きく違うのは、3箇所の切り込みに合わせてポールを差し込んで少し捻るだけ、あとは接地面の樹脂ナットを締めて揺れを低減させると言った方法です。
天板の差し込みも従来のテーパーになってるポールとは違い、小さなチョボ?(なんて言えないいいか分かりませんが)でカチッとはめ込んで引っ掛かるだけの構造です。
これならいくら体重を掛けても「くい込んで天板が外れない」なんて事は有りません。

文章と説明が下手で意味が分からない人も沢山いると思いますが、スクリュータイプのポールをご使用されているユーザー様は何となく理解出来ますよね?

交換を検討してみては如何でしょうか?
部品代は¥14,700(税込み)です、交換も簡単に出来ますので一度試してみる価値は有ると思います。