キャンピング&カスタマイズカーメニュー
パーツオンラインショップメニュー
ハイエース・レジアスエース
アルファード・ヴェルファイア
ノア・ヴォクシー
その他汎用パーツ
おすすめ商品はこちら
新着情報の一覧へ
トップページへ
最新情報配信ブログへ
お問い合せフォームへ
ショッピングカートを確認する
ご利用ガイドへ

営業日カレンダー

ブログ

基本中の基本から

ハイエースをカスタマイズするにあたって先ずはリアフロアの板張りをする事が大半です。
ホームページもリニューアルし、新たにBlogもスタートしたので...

基本中の基本である床張り施工の様子を少しお見せします。

ハイエース床張り先ずはカーペットを捲るとキーストン状のフロアが見えます。 グレードによってはアスファルトシートが貼っています。
(写真がアスファルトシート付き)


ハイエース板張り
ハイエース板張り










これをスクレーパーで丁寧に剥がしていきます。
トヨタテックス大阪では板張りをビスやボルト止めしていないので大切な作業です。










アスファルトシートを剥がし終わったら板の準備です...
フロアの型通りにカットしたコンパネの裏面みネタを打ち込んで行きます。
写真の細長い切り込みはリアシート用のフロアレールを入れるためです。
(トヨタテックス大阪の人気モデルRGを製作中)





ハイエースポンリューム張り
コンパネの固定方法は接着です。
接着精度を上げる為にアスファルトシートを剥がす必要があったのです。
この方法だとフロアしたに余計な穴を開けたりビスを打ち込む必要がありません。
良く数年後フロア下を除いて見るとビスがサビサビなんて心配も有りません。







ハイエース板張り
クルマに載せてウエイトを十分並べてこのまま一晩放置します。
ビスやボルトで固定しなくても大丈夫?
なんて質問も有りますが、完全に硬化してしまえば剥がれません。









リア板張り
最終の仕上げは重歩行用のポンリュームを貼って板張り作業完了です。
(VOX Custom RGの完成)