キャンピング&カスタマイズカーメニュー
パーツオンラインショップメニュー
ハイエース・レジアスエース
アルファード・ヴェルファイア
ノア・ヴォクシー
その他汎用パーツ
おすすめ商品はこちら
新着情報の一覧へ
トップページへ
最新情報配信ブログへ
お問い合せフォームへ
ショッピングカートを確認する
ご利用ガイドへ

営業日カレンダー

ブログ

ステアリング交換時のセンターズレ


こんにちは、皆様有意義なゴールデンウィークを過ごすことが出来ましたでしょうか。

まだ休みモードが抜け切れない中、当社も本日より平常通りの営業です。

そこで、先日ダークプライムのステアリングをご注文下さいましたお客様より早速お問合せのお電話を頂戴しまして...

「ステアリングを取替えて真っ直ぐ走るとハンドルがセンターからずれてしまいます。」

「1コマずらして取付しても次は逆方向にずれます...どうすればいいですか?」と言った内容です。

遠方のお客様でしたのでご来店していただく訳にもいかず、タイロッドの調整についてご説明させて頂いたうえで

出来ればお近くのディーラーさんへ作業の依頼をされてはどうですかとご提案。

この様なお問い合わせをたまに頂く事がありますので簡単にご説明したいと思います。

20150507 (1).jpg

この画像はフロントの右側の画像です(ハンドルを右にいっぱい切るとクルマの下にもぐらなくても見えます。)

赤い矢印がタイロッドというステアリング操作を車輪に伝達する為の部品ですが、ここの調整でズレを補正出来ます。

簡単に方法を説明すると、先ずは画像の黄色い★印の様にロッドの位置をマークしておきます。

次に黄色矢印のタイロッドのロックナットを緩めます。

20150507 (2).jpg

ロックナットを緩めたあと、ステアリングのズレに応じてロッドを締める又は緩める側へ回します。
(締めると内側に、緩めると外側になります)

この時必ず左右を同じ分だけ回します。(右を90度締めたら左は同じ分だけ90度緩める)

20150507 (3).jpg

この時のロッドの回転は90度~180度前後で調整が可能なので何回転も回す必要はありません。

後はロックナットを締めてテスト走行し、真っ直ぐ走った際にステアリングのセンターが出るまで調整します。

※ステアリング交換等、お客様ご自身で作業される方も多くいらっしゃると思いますが、タイロッドの調整も含め

ご自身で作業される場合はあくまで自己責任で行ってください。



albe bed.jpg

【見積依頼・お問い合せ先】 株式会社トヨタテックス大阪 Tel. 072-827-0102